スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
ORE2014Tokyo その2
 ORE2014Tokyoの二日目、朝一番から夕方まで受講する。歯科技工関連ではCAD/CAMを活用した演題が多数発表された。CAD/CAMとはComputer-Aided-Design/Computer-Aided Manufactureingの略で直訳するとコンピューターを活用して設計し、コンピューターを活用して制作するということ。特に素材としてチタン、ジルコニアを用いることが多い。ただ、材料、技法共に新しいものなので、それぞれに利点、欠点や使用上のコツがある。ただ単に新しければよいというものでもない。そしてもう一つのトピックスはやはりCTデータを利用して作成したサージカルガイドを使ってのインプラントのガイデッド手術だろう。複数の先生が発表されていた。これによりインプラント手術の精度が格段に上がるからで、最近の安心安全なインプラント手術を求める声に合致している。DC21の会長の三好先生はインプラント手術のほぼ全例にサージカルガイドを使用するということです。また他日、受けたO大学の講師もほとんどの症例でサージカルガイドを使用するとの事であった。デジタル技術を活用した歯科治療は徐々に日本の歯科臨床に変化を与えているようだ。
CAD/CAMを利用した歯科技工、CTデータを利用して作成したサージカルガイドを使ってのインプラントのガイデッド手術
共に、当院でもかなり前から臨床に定着した技術です。ご興味の方はお問い合わせください。

ガイデッドサージェリーは私の得意とする手術。

帰りに大学の近くの神田明神にお参りした。
| kawakita-d | 18:30 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:30 | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>

CALENDAR

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ARCHIVES

CATEGORY

NEW ENTRIES

COMMENT

SEARCH

PROFILE

MOBILE

qrcode

LINK

FEED

ATHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

SPONSOR